オフィスの大きさや使用方法によって作業効率が変わる

賃貸している事務所

ビルオーナーが所有している建物の資産価値を維持するためには、建物全体の管理をしっかりと行うべきである。そのためには管理のスペシャリストである、ビル管理会社に建物内部や外部の管理を委託するべきであろう。また業者によってサービスの質と料金が多様なので、最低でも2社以上の業者に見積もりを出してもらうべきであろう。その場合にはビル管理会社のアドバイスを参考にする一方で、オーナーが主体的に管理プランを決める積極性も必要である。また一方でエレベーターのような設備管理は、できるだけ点検の頻度を高めることがポイントである。そして管理サービスを利用する場合には、特にセキュリティーと設備の安全性を重視することで、テナントからも評価されるビルが実現できるであろう。

最近ではオフィスビルの所有者の管理への意識が高まったので、ビル管理会社のサービス内容の多様化も時代の流れである。その中でも清掃作業は代表的なサービスであるが、清掃技術も高度化したために、従来よりも質が高まった点が魅力的であろう。とりわけ最近では一括管理サービスを提供するビル管理会社も増えているので、建物の管理に困った時にもすべてを依頼することが可能であろう。したがって数多くのテナントを抱えているオーナーであれば、家賃の徴収や入居や退去の管理業務も委託できるので非常に便利である。特に自社内でエンジニアも在籍しているビル管理会社であれば、水道や電気設備のトラブルが発生した場合でも、応急処置を依頼できるであろう。