オフィスの大きさや使用方法によって作業効率が変わる

オフィス

店舗併用住宅というものがあります。この店舗併用住宅は一階を店舗にして、2階部分を自分の家とすることで、住宅の下に店舗を持つ形態です。この形態は結構昔からありました。商店街と言われるところに行くと一般的にこの店舗併用住宅がたくさん見られます。ところが不況の影響で大型スーパーやショッピングモールに客を足られた商店街が次々にシャッターを閉めてしまうことで話題になりました。 そこで、この店舗を何とか利用できないかということで地元の自治体が店舗併用住宅の1階部分を広く貸出そうとしている試みもあります。その場合、マンションの一階部分のテナントを借りるよりも半額以下で借りることが可能なのです。もちろん詳しくは貸主に聞いて相談が必要となります。

店舗併用住宅は商店街の歴史以前にもありましたが、やはり商店街が店舗併用住宅の見本のようなところです。 この店舗併用住宅は通常一階でお店を開いている人と、2階に住む人は同じ住人であることがほとんどでした。ところが最近は時代の流れとともに新たな店舗併用住宅ができています。まず、一階部分は誰かに貸すために開けておきます。そして自分たたちは2階と3階部分を住宅にして住む形です。これにより、うまく1階部分にお店が入れば、一階部分から毎月の家賃として収入を得ることができるのです。これまでの店舗併用住宅との違いは1階部分と2階以降の住人が違うという点です。このような投資型の店舗住宅はこれからも流行っていくでしょう。